s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

歌は息で歌え!これが究極のボイストレーニングだ!

喋り声と歌声は違うというのはある意味、常識のようなもので、喋り声で歌うジャンルといえば民謡や詩吟、一部の演歌などが該当するでしょうか?残念ながらJ-POPで使うには地声だと固過ぎるのです。息を多めに使うとそれっぽくなった経験がある方も多いのではないでしょうか?今回は「究極の」と称して家でも出来るボイストレーニングをご紹介します。

家でも出来るボイストレーニングは?

流石に歌となれば限られてきますね。発声は絶望的でしょう。でも待ってください。今回の方法は声を出します。

ズバリ、囁き声で歌うのです。

歌ったことありますか?囁くように優しく歌うというのは気恥ずかしく、また実際にカラオケなんかに言ったら声聞こえないし使えないのでは?と力一杯歌う方法に戻るかと思います。が、それをこらえて練習することに意味があるのです。

力を抜き、息だけで歌うつもりで

とりあえず囁けば感覚がわかるものだと思って書いていますが、囁きながら喋ると息が多くありませんか?この息で歌えというのです。今まで出なかった高い音域がこの囁きボイスで喋るように出るならあなたにはこの方法が合っています。

さて、どうやって声を大きくすれば良いのでしょうか・・・

声量を得るには腹式呼吸しかない

既に息で囁くように喋っていれば・・・実はそれが腹式呼吸になってます。ちょっと声を出さず、囁きだけで怒鳴って見てください。どうですか?お腹が動きませんか?慣れてないとブハァっと息も出てしまうことと思います。

そして囁くように息だけで声を出すと、喉を使っていないことに気づくかと思います。

囁き声を実声に変える

当然ですが、いつまでも囁くように歌っていてはいけません。目指すはこの囁くような音量から喋り声よりも大きい歌声です。自分で思うようにミュートさせたり、大きく出したりすることが目標となります。

これにはちょっとしたコツがいります。気管支を意識するように、仮声帯を締めるように、息がバーっと出てしまわないよう、声帯ではなく喉全体をすぼめるようにするのです。息の通り道が狭くなれば必然的に実声となります。この感覚がつかめるとびっくりするくらい大きな声が出ると思います。

喉は全く使いません。

おわりに

うまく伝わっているでしょうか?この方法をマスターすると色々な声を出せるようになり、練習を重ねて自在に操れるようになれば歌以外にも応用が利くようになります。

声を出そうとすればそれだけで声帯が閉まります。それを解くために息で歌うことを意識し、囁き声から声を作ってください。

喉が締め付けられるようになる方は囁き声から始めてみると次のステップへ進めるかも知れませんね。