s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

最小限の力で歌うにはどうすればいいのか?

数日前に以下のような記事を書きました。

www.s13y.com

この息で歌うことと逆のことになりますが「最小限の力」で歌うにはどうすれば良いのでしょうか?

最小限の力で歌うには息を少なく吐く

さて、逆のことと言ったのは最小限の力で歌うには「息を少なく吐く」必要があるからです。息を吐くという行為、実は結構な力を使うんです。

どうやって息を少なく吐かせるかといえば、効率よく息を吐き出す練習をしなければなりません。これは巷でありがちな「声帯を閉鎖して・・・」というようなものではありません。声帯を閉鎖するとじゃりじゃりした声になりがちです。そして何より細く、響きません。これではダメなのです。

また、声帯を閉じようとすれば喉に余計な力が入って喉声になり、喉声になるということは高い声が出ません。

裏声と地声の中間の声は小さく歌うことで手に入れられる

完全に裏声になる前、地声から気がぬけたような声・・・うまくミックスした声があるのです。よくミックスボイスと言われるものがあります。地声と裏声を混ぜたものだと。違います。混ぜません。最初からミックスされているイメージです。

小さく歌を歌ったことはありますか?前回の記事でも小さく歌うことを推奨しました。やはりここでも小さく歌うことを推奨します。そして、息が少なく効率のいい歌い方です。

胸式呼吸の場合、息が途切れてしまうのでうまくできないのですが、息で歌うことを覚え、腹式に切り替えたあとであればなんとなくコツを掴んでいる人もいるかも知れません。

息を出し続け、息が声に変換され、息が全て声になるほど効率を上げるとめちゃくちゃ小さな声で歌えるようになります。ただ、小さいとはいいつつも響くので夜に歌うのは推奨されません。この歌声は実声の一歩手前であり、裏声っぽい声なのです。声を出している間、ずっと息は変換され、吐き続けるイメージとなります。

ただ、吐いているという自覚もなく喉を使っている感じもなく、ただただ声が出る状態なのです。

おわりに

なんだか抽象的な書き方となってしまいましたが、歌は感覚なので「これ!」と断言することができないのです。耳で聞いて確かめ、これかな?とコツを掴んでいく。その繰り返しで歌声を形作っていきます。伝える側はこちらに染まらせず、本人の感覚を養うことを第一に考え書くので何とも取り留めのない書き方となってしまいますね。

息で歌う練習を繰り返し、腹式に切り替わったあとは最小限の力で歌う練習をしてください。歌に力は必要ないのです。