s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

上手く歌うには声帯閉鎖ではなく声帯を開閉する訓練が必要です!

巷のボイトレ記事を見てると必ず出てくる「声帯閉鎖」という単語。これ、実は害悪でしかありません。声帯閉鎖って・・・まるで閉鎖するだけのような書き方をしている記事が多過ぎる。声帯閉鎖よりも閉じた声帯を開く方が何倍も難しいです。そもそも声帯閉鎖に拘り過ぎると最終的には硬い喉声にしかなりません。

声帯を開閉するイメージとして

声帯を開閉するイメージとしてよく輪ゴムがあげられます。伸ばしたり縮めたりといったイメージです。間違ってないのですが、これは喉仏を下げたり上げたりで調整しがちです。声帯だけ上手く閉鎖、開閉が出来るのなら喉仏はフリーです。下がっていようが上がっていようが高い声、低い声共に出るものです。

高い声を出す時、喉仏は必然的に上に上がります。間違ってはいません。逆に高い位置で低い声を出すことが出来ますか?出来ないのであれば上手く声帯を操れておらず、喉全体を締めて高い声を出していることになるのです。

声帯開閉を自由自在に操るとどういう効果があるのか?

まず全く力を入れずに歌うことが出来ます。そもそも少しでも力を入れて歌うとバックミュージックから浮くことになり違和感です。歌って録音して聴いて・・・なんか変だな・・・?と思ったら大抵は力が入って一本調子になっているのです。音程もリズムも合ってるのにおかしいと思ったら、その原因は「抑揚」にあります。

1から10まであるとすれば6~10しか使っておらず一本調子になるのが「なんか変」の原因となることが多いです。力を抜いて、なるべく小さい声で・・・そういう風に練習したことはありますか?声帯の開閉を上手く操れれば1から急に10へ上げることもできます。バックミュージックに合わせて声の大きさを変えられ、更には力の微妙な差し引きで抑揚が上手に付けられるのです。

声帯開閉の練習方法

小さな声で歌う練習をすることです。条件として腹式呼吸が必須です。一定の息をずっと出した上で、声帯で適度な圧をかけ、それを閉じたり開いたりで上手く操るのです。操るのには声帯の周りの筋肉が柔軟でなくてはなりません。今まで力いっぱい歌っていた人は矯正がかなり難しいかと思いますが、以下の記事などでコツを掴んでみて下さい。

www.s13y.com

www.s13y.com

おわりに

どこかの記事で見かけたのですが、声帯をバイオリンの絃に捉えている方が居ました。自分の感覚としてはちょっと違うのですが、ダイナミクスの付け方はなんとなくそんなイメージで、角の取れた丸い音から尖った鋭い音までワンフレーズで自由自在に歌うことが出来れば飛躍的に歌は上達します。

一番大切なのは「声が最も出し易い歌い方をとことんまで求める」ということです。