s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

音痴は音程に気を取られる!なぜ?

厳しいタイトルを付けました。皆さまがどういう検索をして記事にたどり着いているか?を調べた結果「音程」というキーワードが明らかに多く、どうにも歌が下手と思っている人は「音程」を合わせれば上手くなると勘違いされているようです。「あー」とか「うー」だけで音程をぴったり合わせて歌ってみて下さい。余計なことに気をとらわれず、合わせやすいかと思います。でも上手いんですか?それ・・・

音程のトレーニングをすれば歌が上手くなるという勘違い

恐らく初心者さんがまず歌が上手くなりたいと思って行く場所がカラオケだからでしょう。カラオケで得点を競うゲーム機能があり、そこで占める点数のパーセンテージに音程が大部分を割り当てられているからなのではないでしょうか。

でもあれって実はオク下・・・つまり正しい音の12音下の音程でも「正しい」として認識するのです。これはなぜか?それがわからないから音痴であるとも言えます。

音程にとらわれて居ると音楽的なセンスが養われない

詳しく話せば長くなりますので割愛しますが、後ろでなっている音楽に合わせられる正解の音というのは音程バーに描かれる一つの音だけではありません。原曲が正解というのであれば一つの音しか正しい音はありませんが、音楽的にはその他複数の音も選択肢に入るのです。

つまり案外適当に歌って音程を合わせても「それっぽく聞こえる」のです。

これがリズムだとどうでしょう?明らかにずれていたら?遅れたり走ったりすれば誰でも気づきます。歌っていると自分では気づかないのに、聴いてる側の人間はなぜかリズムは敏感なのです。音程を合わせることに全神経を注ぐ余り、リズムなどが疎かになり「リズムが音痴」となればいくら音程を合わせようと努力したところで意味がありません。

かたや、音程は外したのか合っているのか?実はよっぽど耳が良い人、あるいは明らかに違う音でずっと外し続けなければ普通の人にはわかりません。

音程が合わせられない人は耳が悪い

耳が悪い人は音楽で相当不利です。プロの歌手も耳が悪くなるだけで急に音痴になってしまいます。歌う練習よりも耳を鍛え、音楽的な知識を頭に入れることから始めると周りから一歩二歩抜け出せると思います。その後の成長速度も段違いに早くなれます。

どれだけ歌の練習をしたところで、音楽的な感性がなければ無意味です。感性を育てる為にはまず耳から意識していってはいかがでしょうか?音楽を感じられるのは心・・・なんて恥ずかしいセリフは言いません。一般的には聴覚です。音痴の方には聴覚トレーニングをお勧めします。

おわりに

音程をぴったり合わせる、リズムをぴったり合わせる。それだけで上手くなれるほど音楽はあまくありません。歌だけではなく、もっと見識を広め、音楽とは何なのか?を知れば今よりもっと上手くなれます。「音程だけ」に拘るのはやめましょう。