s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

声量を鍛える!声量を上げる!どうすればいいの?

なぜ声量が欲しいのでしょうか?カラオケで大きな声で歌いたいだとか迫力のある声を手に入れたいだとか色々あると思います。話声が小さいと言われるからもっと大きくしたい・・・というのもあるのではないでしょうか。

声の量と書いて声量ですが、これは声の大きさ?そもそも声量ってなんでしょう。

声量のある声とは?

声量とはそもそもで絶対的な声の大きさではありません。普通に大声だとうるさいだけです。まして歌で声量を求めて最初から最後まで大きな声で歌えば上手くコントロールできないでしょうし、抑揚もつけられませんね。

声量のある声はどうやって作るのか?と問われれば「倍音」と良ばれるものの総量だと考えています。声の成分を身体のあらゆる部分へ響かせ、何十にも響き渡らせたふくよかな声です。

実は声量について明確な定義はありません。AさんとBさんが同じマイクで歌って、音量自体はAさんの方が割れるほど大きいのにBさんの方が迫力があるなんて言われることもあります。実は皆わかっていなかったりします。ただ音量についてはデシベルという単位で、機械をしようすることで視覚的に表すことが可能です。Aさんは明らかにメーターを振り切っていてただただうるさい。Bさんは範囲内の音量なのになぜか迫力があるように聞こえる・・・全く持って謎ですね。この秘密が倍音なのです。

声量のある声=大きい声ではない

声量のある声=倍音のある声です。これは声の周波数帯というちょっと難しいお話なのですが、グラフィックイコライザという機材を通して視覚的に確認することが可能です。一つの音にも大きく分けて低音域、中音域、高音域という空間があります。ただただうるさい人は高音帯域の音量が大きく、金属的で耳障りな音になりがちです。一般的に声量があると判断されるのは中音域から下です。

声量があるなと感じる人はだいたい声が低く聞こえる方ではありませんか?キンキンした声の人に声量があるという表現はあまり使いません。

声量のある声を手に入れるには

喉を開き、胸に響かせる発声を心掛けましょう。実は簡単にできる方法として腹式呼吸があります。胸に響かせるというのが大切で、胸で響かせなきゃならないのに胸式呼吸のままでは難しいのです。腹式呼吸にする簡単な方法として以下の方法がありますので、参考までにご覧ください。

www.s13y.com

余談ですが、もっと声量を上げたい場合は仮声帯という部分を使うことです。喉で一度、息や声を詰まらせるやり方があるのですが、認知度が低くどちらかといえば特殊なやり方だと思います。外国では新しい歌唱法として定着しつつあるようですが・・・

おわりに

簡単に声量を上げる為にはまず腹式呼吸をマスターしましょう。細くて鋭い、うるさいだけの声が腹式に変えるだけで太くやわらかい響きになります。

コツを掴むまで大変ですが、胸式呼吸で歌っていた、喋っていたかもしれないと思う方はぜひチャレンジしてみて下さいね。