s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

裏声で歌ってはいけない!その理由とは?

よく歌の練習をするときの有効な練習方法として「裏声で歌う」というものがありますが、これは誤解を招きます。人によっては完全に裏返した声で歌ったり声帯閉鎖の全く感じられない某ネズミの物真似のようなファルセットで歌唱していたりします。

特に高音を求める男性の多いのですが、酷い場合は裏声に無理やり声帯閉鎖を加えて喘ぎのような奇声とも取れる歌い方で頑張っている人もいます。あなたはそうなっていませんか?

裏声で歌うという誤解

そもそもなぜ裏声が推奨されるのか?と言えば喉の力を取る・・・脱力を分かり易く説明する方法として用いられます。歌は脱力が肝で、いかに力を入れずに歌声を出せるか?これが永遠の課題とも言えます。声帯を張り、響かせるには力の入った硬い筋肉は邪魔なのです。

実は裏声を使わない

地声と裏声の二種類で大別されますが、歌で使うのはそのどちらでもなく、また、そのどちらも使える状態の声を歌声として利用します。なので裏声ではないのです。

巷で呼称されるミックスボイスを取得する為に裏声からアプローチしていくなんて方法がとられますが、これは全くもって無意味な行為です。どこまでいっても強化・・・というのも変ですが、こなれてくるのは裏声であって歌に使う声ではありません。それどころか変な癖がついてしまう可能性まであるのです。

裏声で歌い続ければ高音は出るか?

まず出ません。自分の限界を越える高音域を出そうと思えば声帯閉鎖が必要で、脱力が肝になります。ところが裏声を続ける限り、声帯の閉鎖感覚は鍛えられず、無理に喉を使って絶対的な空間を狭め、声帯同士を引き合わせるかのように閉鎖させようとすれば喉声になります。

裏声のメリットとは?

楽に歌う感覚を身につけるというところで役に立ちます。地声で歌っているとこの感覚は絶対に得られません。なので定期的に裏声を使って感覚を養う必要があるのです。

とはいえ、裏声だけではやはり限界があり、裏声から地声を出す、地声から裏声を出すなどスムーズな切り替えをする練習をするのが本来のやり方であって全て裏声で歌い続けるなど論外でしょう。

おわりに

地声から裏声、裏声から地声をスムーズに切り替えているうちに、もう一つの歌声に気づくはずです。早い方であれば今すぐにでも。巷で言われるミックスボイスで歌う感覚が裏声に近いとよく言われますが、正直言って全然違うなと感じています。裏声はあくまで裏声であり、地声はあくまで地声です。

どれか一つだけ集中的に練習するのではなく、全体的に、満遍なく訓練してみてください。