s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

作曲のコツは要点を抑えること!理論を学び、耳コピをする!

作曲を始めたけどイマイチ、コツが掴めないという時期があります。自分もそうでした。インターネットで調べる作曲法は本当に初心者向けで、どちらかと言えば入り口のような情報ばかりです。いざ作曲を始める段階となった時の情報にはワンコーラスどころか数小節を作って「同じ要領でフルコーラス作れるよ」と投げっぱなしのものが多いですね。残りは高度なもので・・・ちょうどいい情報はないのか?

要点を抑えて作曲をする

まず漠然とPCの前に座り、DAWを開いて真っ白なピアノロールを見つめていても作曲は捗りません。とりあえず開いて閉じるということを繰り返している人も多いのではないでしょうか。

まずテンプレートを作りましょう。シンプルにピアノだけ入れたテンプレートでも良いです。いちいち音源を起動してセッティングするのは面倒ですし、それだけでちょっぴり芽生えたやる気を失わせる原因になります。慣れてきたらドラム、ベースなど基本となる楽器隊を組み込み、最終的には自分の手癖に合わせた楽器を入れて最初から整った環境にすることで想像力が掻き立てられます。

垢抜けない作曲から抜け出す

とりあえず鍵盤楽器でコードを弾き、そこにメロディを乗せて・・・初心者向けの記事でよく見かけるコード進行から作曲を作る方法ですね。やめましょう。特に一小節まるまるひたすら白玉を伸ばしている人は要注意です。

耳コピをしていますか?一小節まるまるコードをじゃ~んじゃ~んと鳴らしながら進行している曲の方が珍しいと思います。アルペジオや音楽ジャンルに合わせた刻み方をするだけでも雰囲気が出ます。日頃からたくさんの音楽を注意深く聞き、取り入れたい部分やわからない部分は耳コピをして自分のものにしましょう。

最初から音楽理論に頼る

理論を学ぶと音楽が固くなるだとかそもそも不要だとかうんざりするほど耳にします。でも一個人が生み出せる音楽なんて限られているのです。それこそ一曲作ったら終わりなんて勿体ない結末になってしまうこともあるでしょう。

独創性云々の前にまず基礎を固め、土台を作った後のオリジナル要素です。コード進行一つとっても「耳で確かめながら感覚で」よりも定番と呼ばれる進行にセカンダリードミナントやツーファイブワンを加えて表情を付けてもいいでしょう。最初から答えが用意されているので、わざわざ自分で探す必要はないのです。せっかく「これはいい!」と納得のいくものを探し当てても音楽理論の上では先回りして「なぜそれが良いのか?」という答えが出ています。

作曲にはこんなところに時間をかけるくらいなら・・・ということがたくさんあり、如何に短縮していくかが勝負です。

理論を学ぶきっかけが掴めないという方は既存曲のコード進行や楽器編成を言い方は悪いですが丸々パクってメロディだけ自分のオリジナルで書き換えてみて下さい。かなり勉強になります。自分が作る音楽と何が違うのか?興味が沸けば音楽理論に照らし合わせながら答え合わせをするとよい勉強になります。耳コピの訓練も兼ねているので、その効果たるや一石二鳥どころではありません。

おわりに

いつまでも垢抜けない音楽しか作れないという方は音楽理論を学び、耳コピをしてみて下さい。多少ズルいと言われる方法をとってでも何かを身に付けてほんの少しでも活かしてみるべきです。自分の中でパズルのピースが溜まり、生み出す曲がどんどん変わっていきますよ。

作曲が楽しくなるのはそこからなのです。