s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

直して欲しい辞めて欲しいことはシンプルに伝える!

友達や恋人、相手に直して欲しい嫌な部分って親しくなれば出てきますよね。その嫌な部分、誰にも迷惑をかけないのであれば個性になったりもするのですが、目に余る!と感じた時は指摘することもあるかと思います。でも、どう伝えるべきか難しくて悩みますよね。

言いたいことはシンプルに

何に対しても言えることですが言いたいことはシンプルに伝えるべきです。

例えば嫌いな部分を指摘する時に「どうして嫌いなのか?」を理論的に、もしくは感情的になって伝えたりする場合もあるかと思いますが、それは逆効果です。

伝えたい核心の部分が余計な言葉を連ねるせいでブレてしまうのです。それにわざわざ説明しなくても相手だって考える頭はあります。そこは信用して「あとは自分で考えて」とサクっと流した方がそのあとも険悪なムードにならず済みますよ。

あくまで端的に何気なくはっきり伝える。自分も経験ありませんか?何気ない相手からの一言にとても傷ついたり悩んだり・・・シンプルであるがゆえに考えてしまうのです。

時間を掛け、結果を急がない

相手に伝えたら動向が気になったり「せっかく指摘したのに!」とむかっ腹を立てたりしてはいけません。そこは寛容な心持ちで「いつか考えてくれるだろう」という穏やかな心を持ちましょう。

どうにも今すぐ直して欲しい!と気持ちの収まりがつかないのであれば改めて伝えたいところですが、意固地になったり「あぁはいはい」とあしらわれたりする可能性が高いです。

相手もその時の心境によって考え方が変わったりするもので、ふと思い出す時が来るのを信じ、待ちましょう。相手を指摘する以上、こちらもタダでというわけにはいきません。忍耐強さは必要です。

くどくどと説教をするのはダメなのか?

今すぐにでも相手を変えたいと考えてはいけません。他人を変えることなんて不可能だと思いましょう。自分が変わるしかないのです。たくさん気づけるあなただからこそ、変わっていけるはずです。

確かにどうしてダメなのか?どうして嫌なのか?どうして欲しいのか?これらを伝えるのは大切だと思います。でも相手だって一度に色々なことを言われて嫌になったりするものです。伝えているうちに「それは違うぞ」と反論に合うかも知れません。

だからこそ、相手に考えさせるというのが最適解なのです。

おわりに

もし、嫌なところが軽減したり少しでも良い兆候が現れたら案外考えてくれているんだなとこちらもまた相手を見直すことが出来ます。変わっていける人間だと思った時点からこちらの心持ちもずいぶん変わるはずです。

人間同士、コミュニケーションの駆け引きとでもいいましょうか。そういう方法もあるのだと頭に入れておくと楽になるかも知れません。押してダメなら引いてみる。柔軟な対応があなたを変え、相手を変えます。