s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

あることを意識したら3ヶ月を越えた段階でブログのアクセス数がどんどん増えた!

なぜか伸びています。理由ははっきりしています。「検索キーワードを意識してブログを書いている」からです。凄いですこの伸び・・・半端じゃありません。

検索キーワードを意識するのはなぜか?

例えば「今日は〇〇へ行って××を食べた!」という記事を書いたとして、どうやって検索したらその記事にたどり着けますか?

〇〇は出先の場所として、××は食べ物の名前、この二つが一致したら検索結果には現れるかも知れません。この〇〇と××の部分がいわゆる「検索キーワード」です。

検索されてもアクセスが発生しなければ意味がない

でもクリックされないとアクセスは発生しませんよね?ともすれば思わずクリックしたくなるようなタイトルも考えなければなりません。大変ですね。

とはいえ、難しく考えてタイトルを決めているわけではないのです。「自分ならどういうタイトルだとクリックして見たいか?」ということだけを考えて設定しています。正直「こうすればいい」というテンプレートがよくありますが、おすすめはしません。

一度だけ型にはめてタイトルをつくってみたのですが、嘘くさ過ぎて、記事の内容が思いつきませんでした。

記事の内容はタイトルを重視する

当然ですが、記事の内容が不一致だと評価が下がります。特に読まれずブラウザバックされた場合は検索エンジンからの評価が著しく下がり、次に同じワードで検索されても表示されないかも知れません。

なので検索キーワードやタイトルと同じく「記事の内容」もしっかり書く必要があります。文字数は最低でも1000程度あった方が良いと思います。長い記事では3000文字などを越えることもしばしば・・・

要するに長い間読まれれば滞在時間が増え、それだけ「役立つ記事なんだ」と検索エンジンに訴えることが出来るのです。

あまり考えないのも大切

あまり深く考えて記事を書いていると「仕事じゃないのにばかばかしい」と嫌になってしまいますのでほどほどに。

気楽に楽しく書いた方が文章も楽し気になりますし、たまには感情的に書き殴るのもストレス発散になって良いですよ。そういう記事の方が長く読まれたりもします。

おわりに

何だかんだと1月からブログを書き続けて、最初は全くアクセスがなかったのに4月から書き方を変えて頑張っていたら凄く伸び始めました。まさに怒涛の勢いです。そのうち停滞すると思いますが、今はこの伸びを楽しんでいたい。