s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

歌で高音を出す必要ってあるのかな?

よくボイトレ初心者の方々は「高音 出し方」などで検索されている方が居ますが、そもそもで「高音」の基準とはなんでしょう?曖昧過ぎませんか?音楽的に言えば「HiC」という音域から「高音域」と呼ばれます。

でもよくよく聞いていたらずいぶん低い音域にも関わらず「高音が出てる」とか言ってしまうので「基準ってなんなんだろう?」と思います。とある歌手を指して「あの人の歌声って低いよね」というので聞いてみたら「HiC」以上でていたり実に曖昧です。言ってしまえばもう「高音」という言葉自体が嫌いです。

高音ではなく高音域が正しい

自分からすれば「もう!高音高音ってなんなのさ!」という感じです。恐らく世間一般でいう「高音」とは周波数帯域でヘルツが高い声のことでしょうね。低くてもこのヘルツが高ければ耳に刺さるような刺激的な声になります。

周波数帯域で話してくれればもっとわかりやすいのですが、倍音が多く含まれていれば高く聞こえますよ。決して「高音」が出ているわけではないです。わからないのであれば「耳」で聞かずにチューナーを使って診断をすると相対的な音感が身に付きますので、歌よりもこちらの練習をされた方が絶対に良いです。いつまでも目指すべき音域が見えてきません。

「高音」を勘違いしている時点で向いてない

端的に申しますと「耳が悪い」と言えます。これは聴こえる聞こえないの話ではなく「音楽的な耳が養われていない」ということです。そんな状態にもかかわらず、歌を上達させようというのははっきり言って無理ですし、遠回りになります。

基礎的な素養を身に付け、一般的な音楽常識を覚えてからでも遅くはないと思います。

どうにも「高音」という単語が口から出た時点で「歌はうまくないんだろうな・・・」と感じてしまいます。

高音域を出す必要はない

そして本題ですが、高音域なんて出す必要はないのです。人間は物理的な楽器ではないのですから、体格の違いなどでどうしても出る出ないの音域はあります。

大切なのは自分の持っている音域をいかに上手に使うかで、歌が上手い人は自分の音域をしっかり把握しています。確かに練習次第で高音域が出るようになるのかも知れませんが・・・それって歌で使えますか?というところでやっぱり自分の音域に合うようキーを変えたりするのがプロの間でも当たり前で、特に素人の方は単純に出せる出せないの狭い基準にとらわれてしまいがちです。歌に関して高音域はそれほど重要ではありません。

おわりに

いつまで経っても「高音」という言葉にはなれません。音域の概念がなければ相対的な音感は身に付きませんし、自分の合う音域が見つけられなければずっと無理して歌うことになり、喉に変な癖がつきます。のびのびと歌える音域で少しずつ広げる努力をした方が絶対に近道となります。「高音」って言葉は恥ずかしいのでやめませんか?