s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

歌が上達する為にするボイトレは人によって合う合わないがある【ボイストレーニング】

歌が上手くなりたい!と思って考えるのが「カラオケに通う」だったり「家での発声練習」でしょう。やがて独学での練習は難しいと感じた時に「ボイストレーニングへ行こうかな?」と思い至るはずです。

でもこのボイストレーニング、実は人によって合う合わないがあるのです。

ボイストレーニングは薬にも毒にもなる

ボイストレーニングで学べることは「発声」に関することがメインで「通えば必ず歌が上達する」というわけではありません。何のためにボイストレーニングに通うのか?明確に理由を決めていないと全然違う方向へシフトして行ってしまうこともあります。

例えば「高音域を楽に出せるようになりたい」が初心者にとってもっともポピュラーな理由でしょう。

でも人によって「1年通ったけどあまり変わらなかった」という方も居ますし、実際にそういう人を知っています。

ボイストレーニングはあくまで基礎的なもの

ボイストレーニングに通っていればいつか上手くなると思っていたら大間違いです。あくまでも基礎的なものであり、自分自身でも歌の練習を行わなければなりません。歌に対する考え方や練習方法など試行錯誤して、ボイストレーニングも並行して行っていくのが正しいです。変な癖がつきそうになればボイストレーニングの先生に指摘してもらい、細かな修正を繰り返しながら徐々に上達するものです。

主体性がない人も困ったものですが、我の強過ぎる人も困りものです。「誰の意見も聞かない」という頑固な人も居て「先生はこういうが自分はこう思う」と頑なに聞き入れないのです。何のためにボイストレーニングに通っているんだろう・・・?と思ってしまいますが、単にプライドが高いだけなのかなとも思いますし、独学で身に付けてしまった知識のせいで素直に聞けないのかも知れません。

人の意見が聞けない人に上達は難しい

ボイストレーニングに通っていても先生の言うことを守らなかったりしていれば、それはもう上達なんて出来るはずがありません。教えてもらったことを教えてもらった通りやっていてもズレが生じます。自分なりにやって感触を掴んでくると、次第に自分の中での正解が固まってくる人も居るのです。そして指摘されると自論を語り始め、やがては言い訳とも取れる弁論ばかりに必死で成長がピタッと止まってしまうタイプです。歌に限らず何をやっても上手く行かないんだろうなと感じます。

そして「この先生は合わない」とボイストレーニングの教室を転々として、いつまでも「見えない理想」を負い続けるのです。

終わりに

学ぶ以上、素直でいましょう。そして初心を忘れずに。あとは飽くなき探求心と少しの向上心です。ボイストレーニングに限った話ではありませんが、発声に限っては個人の「感覚」に頼る部分が多く、食い違いが発生し易いのです。だからこそ慎重にならなければなりませんし、そこを理解して挑んでいるかどうかでも全然違います。

「先生はこういったけど、こういう出し方ならどうか?」それを聞いた先生が客観的に「良し悪し」を判断してくれます。間違っていると言われればすぐに違う出し方ををしてみるなどの対応力も必要です。真摯に取り組めば色々なことを学べるボイストレーニングも、人によっては合う合わないがありますので注意が必要です。