s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

歌が上手くなりたいならまずは普通を目指そう

歌をかっこよく、あるいはかわいく歌いたいですよね。かっこよく歌いたいからとかっこつけて歌ってはいませんか?また、可愛く声を出したいからと可愛い声で歌っていませんか?それ、歌が上手くなりたいなら絶対にやっちゃダメですよ。変な癖がつく前に、素直に普通に歌ってください。

普通に歌うことの大切さ

人に上手く聴かせたいばかりに、かっこつけて歌ったりかわいく演じて歌ってはいませんか?別にそういうことをするなとは言いません。ただ、歌が上手くなりたいなら我慢しましょうということです。

実際に録音して聴いてみて、それが上手いと自分でも自信をもって言えるのであれば止めはしません。しかし多くの場合において「違和感」があります。演劇とは違うのです。演歌を真似て演技して歌う方が居ますが、殆どのポップスでは歌声が浮く原因となります。

確かに歌が主役ですが、周りとの協調性も大切なことを思い出してください。

普通に歌えなくなる

いざ普通に歌おうと思ったときに「普通ってなに?」と普通の定義が曖昧になります。下手でもなく上手くもなく。この定義を見つけるには色々な人の歌を聞き、自分が「なんか普通だな」と感じた人を目標にしましょう。

実際「普通だな」と感じても恐らく自分より数段上の実力です。小細工無しで「普通に聴かせる」というだけで相当な修練を積んでいるはずなのです。普通とはいえ目指した途端、実力の高さに驚くことでしょう。そして自分の違和感に気づき始め、修正が始まります。

歌の癖を直すのは年単位

自分も相当苦労した覚えがありますが、歌のクセってなかなか抜けないんです。高音の力み方や発音の雑さなど、あげたらキリがないほどの違和感がありました。それら一つ一つにフォーカスを当て「あくまで普通」な歌い方を目指しました。

練習方法として童謡など単純な曲を選ぶと良いでしょう。簡単だと侮ってはいけません。案外きれいに歌いきるのは難しいんですよ。

次に選ぶ曲はアイドルソングなどがおすすめです。音の高低差が少なく、踊りながら歌うことを前提に作られているため、それほど難しくはありません。「アイドルは歌が下手」とよく言われますが、とんでもない話です。歌が上手い人ほど、プロの歌を馬鹿にしませんし、真剣に聞いています。穿った目で見ることをやめるところからスタートしてみては如何でしょうか。

おわりに

普通に歌うって実はめちゃくちゃ難しいです。逆に今の自分の歌は上手くもなく、下手でもないと自己評価が正しく出来ているのであればこの方法は必要ありません。

因みに「普通だな」と思えるくらいになってくると、周りに比べて相当歌が上手くなっているはずです。歌を上手く歌うのではなく歌を普通に歌えるようにする。これが本来あるべき目標だと自分は考えています。