s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

歌で軟口蓋が大切な理由とは?簡単に楽に大きな声が出る訳・・・

歌を歌う時や声を出す時、軟口蓋を意識していますか?「軟口蓋?なにそれ」という方はぜひ読んでみて下さい。

軟口蓋を上手に使うと空気の通り道が一つになり、少ない息で声を出すことが可能になります。

まず軟口蓋とはなにか?

口蓋垂はわかりますか?端的に言えば「喉ちんこ」ですが、これをぶら下げているものが軟口蓋です。これをどうやって利用するのかといえば、軟口蓋を上げると鼻への通り道を塞ぐことが出来ます。

通常、物を飲み込むときに軟口蓋が上がり、鼻腔への通り道を塞ぐのですが、逆に吐き出す時も塞いでしまえというのが今回の方法です。

軟口蓋を上げるには?

軟口蓋を上げるには飲み込む感覚を覚えることです。とても簡単なのでやってみて下さい。上げる感覚が分かったら上げたまま喋ってみて下さい。「閉鼻音」と言って鼻に息がいかないので鼻が詰まったような声になります。

そして気づいた方も居るかもしれませんが、胸式呼吸だとうまく喋れません。必然的に腹式呼吸となります。

軟口蓋を上げると良いことだらけ

上手にふさぐことが出来ると良いことがたくさんあります。まず強制的に腹式呼吸となることはもちろん、息の通り道が一つしかないので、普段は鼻に抜ける息が口へ直接行き、普段よりも使う息が少なく、また、その状態で声を出すと通常より楽に声が出るはずです。

更に軟口蓋を上げると「喉を開ける」ということにも一躍買っています。なので今まで感じたことない豊かな響きが得られる人もいるでしょう。響かせる場所によってとても大きな声を出すことが可能になるのです。

軟口蓋を上げ下げする練習を繰り返す

慣れてきたら軟口蓋を上げ下げして、開いたり閉じたりする練習をしましょう。というのも「な行」や「ま行」を発音するときに、軟口蓋を上げたままだと美しくない発音になるからです。やってみるとわかりますが、なんとも情けない鼻詰まりの声になります。

軟口蓋を上げたまま裏声を出してみる

もっと慣れてきたら軟口蓋を上げたまま裏声を出してみましょう。癖で鼻に通すように裏声を出していた人は難しいかも知れません。かなりリラックスが必要ですし、喉を締めて高い声を出していた人は開いたまま高い声を出すという感覚も慣れないと思います。

裏声を出せるようになればお腹から口先まで一本の管となり、高低関係なくどの音域も楽に声を出して歌うことも可能になってきます。

おわりに

歌に限らず、普段の話声でも軟口蓋は必須です。日本語ではあまり意識することはありませんが、外国語を話す場合において、もっとも重要なパーツなのです。日本人が歌下手で発音が拙い、声にパワーがないのは軟口蓋を普段から動かす習慣が言語自体に欠けているからです。

今後は軟口蓋も意識して練習に取り入れて下さい。