s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

歌声のポジションってなに?声の出す位置で上手さが変わる!

リズムも音程もばっちり・・・でも歌っていて「何か違うんだよなぁ」と感じる人は多いと思います。それは歌声のポジションが合っていない可能性があります。

歌声のポジションとは?

まず歌声のポジションを表す時に声の位置が高い低いなどで表現します。声の位置が高いと幼く聞こえたり、元気に歌っている印象を与え、逆に低いと落ち着きがあり、しっとりと聞かせるタイプの印象です。

声を出している位置は声帯という場所で一致しますが、喉の開き方や共鳴のさせ方でポジションを変えることが出来ます。

歌が上手な人って口先だけで歌っていないんですよね。また、曲によって出す位置を変えて雰囲気に合わせてきます。口先で歌うことが悪いこととは言いません。力強く歌う時は声のポジションを前面に押し出すのも有効だからです。

声のポジションを操るのは今のポジションを知るところから

現在自分が出している声のポジションを何となく掴むには録音をして実際に聞いてみることです。そして上手いと思う人の歌を聞き、自分がどの位置から声を出しているか?を相対的に把握します。

高い、低いでもいいですし、浅い深いでもいいと思います。声が深いなと思う人、浅いなと思う人、何となくでもいいので掴んでみて下さい。

特徴として、浅い人は声が高く聞こえる印象にあり、深い人は低く聞こえる印象があります。聞こえた感覚によるところが大きいので、一概にコレと言えるものではありません。

大切なのはこれらを客観的に聞き分ける能力を身に付けることです。

声のポジションを変えるには?

声のポジションを変えるには、具体的にどうすればよいのか?例えば喉を開く、鼻にかける、腹式に変えるなど歌い方一つで色々あります。ただどれも共通して言えるのが「違和感なく、歌い易いポジション」を目指すということです。ポジションは出し方一つで簡単に変わってしまいます。今の出し方に慣れているというだけで、本来は不安定なものなのです。

なんとなく調子が悪いと思う時は声のポジションがぶれており、いつもの位置で歌えていないなどがよくあります。

声の響かせ方ではなく、声の響き方で揺らいでしまうので、喉の開け締め、鼻の通り道や声帯の具合によって簡単に変化します。今日はこの歌は歌い易いけど、この歌は歌いにくい。そういう時はポジションが変化していると言えるでしょう。

おわりに

今回は音程やリズムだけではなく、声のポジションについてお話しました。楽器で例えるなら、同じギターでも曲ごとに変えたりするのは音色の軽い重いなどで微妙に表現したい音と違うからと変更されます。声も同じで、曲により合わせていくべきなのです。

声のポジションを動かすことが出来れば、声色を変える必要もなく、対応することが出来るようになりますし、ボーカルが合わせることでより一体感のある楽曲へ溶け込ませることが可能になります。