s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

喉の下で歌う感覚を身に付けると歌が上手くなる

これは完全に個人の感覚です。全員に当てはまるものではありません。また、抽象的であるために取り留めのない文章であることをご了承願います。

喉の下で歌うとは?

一般に言う「喉を開ける」という状態だとは思うのですが、喉だけが広がっている感覚で、口の中は平常運転です。口の中を大きく開けろとはよく言われることですが、そうすると発音が悪くなってしまうのと、歌へのレスポンスがワンテンポ遅れます。

あくびを噛み殺した状態と表されることがありますが、まさにそんな感じで、喉の管、首全体だけが開く感覚です。

発声をお腹でコントロールする

喉の筋肉で声を作っている人は喉声と称されます。喋り声はまさにそれで、喋る様に歌ってはいけません。抑揚の為に演技っぽく歌うだとかもNGで喉声になります。「歌は喋りの延長線上」と言われますが、元々は外国人の方が言った言葉で日本語という言語には当てはまらない言葉です。

さて、喉を使わないでどうやって声をコントロールするか?という話ですが、お腹を使います。腹式呼吸と言われるもので、出来ているようで実は出来ていなかったりする眉唾のような呼吸法ですね。

喉の筋肉で抵抗を作り、声帯を寄せて震わせるのが喉声だとすれば発声をお腹でコントロールするやり方は声帯を閉鎖させず、呼気圧のみで震わせます。

声帯に筋肉はない

声帯閉鎖というとあたかも声帯を動かしてるようですが、実は声帯に筋肉はなく、周りの筋肉が動いているに過ぎません。周りの筋肉を動かすということはまるで砂時計のようにしぼめるわけで、声量も得られませんし、低い倍音も得られません。もっと言えば響きもしませんので倍音がなく、声自体に魅力がないのです。

どうやって声帯を引き合わせるかと言えば呼気圧と、最初だけ引き合わせる力のみです。最初だけ声帯を引き合わせ、そのあとは流れる呼気に引っ張られる声帯が拮抗して音が鳴ります。上手くいけばサーサーというノイズが混じるので分かり易いです。

声のポジションが低いので鼻に響き出す

いわゆる鼻腔共鳴ですが、普通の喋り声だと声のポジションが高く、鼻に通じる道の上で声が響き、拒まれます。声のポジションが下であればあるほど、鼻に響くようになり、心地の良い滑らかで太い声になります。

喉の下で歌う感覚で一番重要なのはこの鼻に響かせることで、鼻に響かせるには喉の下で歌うという感覚が大切なのです。実際に音が作られているのは声帯ですから、喉の上なんでしょうけれど・・・

おわりに

喉の下で歌う感覚を覚えると口の形を変えず発音できるようになります。腹話術のようなイメージです。実際には本当に発音が拙いのでしっかり発音する必要がありますが、どの発音にも引っ掛かりがなく、綺麗に発音できてしまうので、それだけで説得力があり、歌が上手く聞こえます。

英会話の練習で「喉の深い部分」という言葉をよく見かけますが、おそらくそれに近いものがあるのかなと思います。

喉の下で歌う感覚についてはまた改めて書こうと思います。