s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

歌に抑揚をつけると劇的に上手くなる理由

抑揚をつけるとなぜ歌が上手く聞こえるのか・・・いまいちわからないと抑揚の大切さがわかりませんよね。

「音程もリズムもばっちりなのに上手い人と何か違う」

ある程度上手くなってくるとそう思ったことも多いと思います。プロへ一気に近づくヒントは抑揚にありました。

抑揚とは何か?

そもそも抑揚がわからないよという人の為に説明しますと「高低や起伏」のことで、有名なのはメロで小さくサビで大きくというものですね。

カラオケで歌う時はメロの時にマイクを遠ざけ、サビではマイクを近づけるなど涙ぐましい努力をしてマシンを誤魔化します。

抑揚をつけるイメージ

抑揚はブロック単位ではなくフレーズ単位でつけて下さい。よくある勘違いとして「Aメロは小さくBメロはだんだん大きく、サビは大きく」という音量の変化をブロック単位でつけるものがありますが、これは取っ掛かりで、いつまでも通じる技術ではありません。

抑揚はフレーズ単位でつけます。そして山を意識する必要があります。大きく入って小さく抜いてまた大きくする。小さく入って大きくしてまた小さく抑える。色々とアプローチの方法があり、一筋縄ではいきません。音楽によって使い分け、フレーズによって抑揚の付け方は変わってきます。

抑揚の抜き刺しと押し引き

簡単に抑揚をつけたいと思ったら目の前に人が居るというイメージして下さい。頭でごちゃごちゃ考えて歌うのはしんどいですし、テンポが遅れてしまいます。なにより楽しくありません。

事は単純明快で、目の前に人が居るとして、今歌ってる曲をどのように伝えたいか?というのを考えながら歌ってください。そうすれば歌詞によって込められる感情は変わると思いますし、それだけで声に起伏が生まれます。

音楽に向き合って、歌は自分が気持ちよくなる為に歌うのではなく、本来は「伝える手段の一つ」だと理解した時に考え方から歌い方まで全部変わっていけると思います。

その時に本当の抑揚の意味がわかるかもしれません。因みに自分は理解するのに2年半ほど掛かりました(笑

おわりに

実際に抑揚をつけようと思ったら発声の熟練度と比例してくるんですよね。より滑らかに発声出来ないと細かい抑揚は難しいですし、チェストボイスだとかミックスボイスだとかで区別しているうちは難しいかも知れません。

低い声高い声、完全に一本でつながなければならず、一定の音を出している間も強めたり弱めたり・・・弱めながら音程を上げたり、強めならがら音程を下げたり・・・色々なテクニックを必要とします。

これら全て出し易いと思える発声があなたにとって大正解なのです。今後は抑揚も考えながらボイストレーニングをしてみて下さい。