s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

歌の抑揚は奥行を意識すると劇的に見違えるほど上手くなれる!

歌う時、抑揚をつけることが出来る人は奥行をイメージすると大きくステップアップできます。プロと素人の違いって抑揚にあると思うんですよね・・・

抑揚ってどうやってつけるの?

よくある抑揚の付け方として「音量の大小」が挙げられます。音量の大小というと声を大きくしたり小さくしたりと考えがちですが、声質を単純に変化するだけで、音量は同じなのに大きく聞こえたり小さく聞こえたりします。

でも音量を大小させると抑揚ではなくダイナミクスなんですよね。あくまで強弱なので、スタッカートとかで本領を発揮するのですが、通常で歌う時によっぽど早い楽曲でない限り活かすことは出来ません。「たったったった・てっとったっと」みたいなリズムの時は音量を強弱させてダイナミクスを意識すると良いです。

奥行を意識した抑揚とは

抑揚とは抜き差しであり、波のようなものだと思っています。声の出し方として凸凹ではなく、滑らかな山を描いたり谷を描くイメージです。「かえるのうた」で言うのであれば「か」の部分から小さく始まり「の」の部分で一番大きくなり「が」までいくと小さくなるような感じです。

自分がつけるとして、出だしが小さいと不安定なので「か」は普通に入り「え」で少し抜き「る」で普通に戻り「の」で少し大きく「う」にアクセントを入れたいので更に大きく「た」と「が」で階段を下りるように母音を意識した歌い方で抜いていきます。

このワンフレーズにこれだけ入れて初めて抑揚だと自分は思っています。

Aメロは小さくBメロは少し大きく、サビは全力でという教え方をする人が居ますが、それはカラオケで点数を取るやり方で歌が上手くなるボイストレーニング方法ではないので勘違いされないようにしてください。

抑揚は遠くへ声を飛ばすイメージ

要するにのびのび歌うのが一番なのです。人前で歌う機会が少ないと気づかないのですが、家で、カラオケでと歌を練習していると、歌詞カードであったりカラオケの画面であったり、そこで声が止まっているんです。声が飛ばず、抑揚が付け切れていないのです。

奥行を意識して下さいというのはもっと広い場所で今の歌い方をしたときに通用するかどうか?を具体的にイメージしてねということです。部屋で歌う感覚でドームのステージに立っていたら・・・?急に自分の歌が頼りなくなると思います。

狭い空間で歌う時も、ディスプレイを通り越し、壁を通り越し、遠くのお客さんに届けるイメージで声を飛ばすことを心掛けて下さい。

おわりに

もしかしたら言っている意味が理解できないと思いますが、いつか必ず理解して頂けると信じています。自分もよくわかりませんでしたし「よくある方法論か・・・」と投げ出したこともあります。

今ならはっきりと理解できるのですが、これが出来るか出来ないかで素人とプロの差が歴然とするんですよね。なぜプロはプロっぽいのか?なぜ素人は素人っぽいのか?それは奥行を意識した歌い方の違いであり、それで得られる抑揚の差です。

このタイプの抑揚がなぜ上手く聞こえるのか?についても理由がはっきりとあるので後ほど記事にしたいと思います。