s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

歌が下手な人は口の前で声が止まってしまっている

音程もリズムもピッタリなのに何か違う・・・もしかしたら声質のせいかも?そう決めつけて「歌は才能」と諦めてしまっている人は居ませんか?違います。それは、声が前に飛んでいないのが原因です。

声が口の前で止まっている状態とは?

人前で歌った経験がない人ほど陥り易い現象なのですが、声が口の前で止まってしまっているのです。低い場所、高い場所、大きく歌う場所、小さく歌う場所・・・とにかく全部口の前で完結しています。

原因として「歌詞を見ながら歌っている人」が該当します。要は目の前しか見ていないから声が飛ばないのです。カラオケでカラオケの画面を見ていたり、PCでディスプレイを見ていると声が飛ばないようになります。

上手い人は常に画面の向こう側を意識されて歌っているのですが、お気づきでしょうか?

奥行を意識して声を前に飛ばすと急にプロっぽくなる

以前にもこのような記事を書きましたね。

歌の上手な人を聞くとしっかり前に飛び、山と谷が感じられます。これが絶妙な節回しとなり、更にリズム感やグルーヴを生み、ダイナミクスや強弱が心地良い抑揚となるのです。

遠くの人にもしっかり声を聞かそうと思えば歌い出しでボソボソっと歌うことはないでしょうし、小さいところとはいえ、しっかり発音することを心掛けます。発音がきれいになればそれだけでも一歩リードするでしょう。奥行を意識すると良いことだらけです。

声を前に飛ばすことで生まれる節回し

楽器隊に歌を合わせるのか、歌に楽器隊を合わせるのか?という問題で、間違いなく楽器隊に歌を合わせていくと答えるのですが、声を前に飛ばしてのびのび歌っていると楽器隊を引っ張っている感覚になります。

確かに合わせているのは自分なのですが、楽器が合わせてくれているようなグルーヴ感が生まれるのです。前に飛ばす時は声が大きくなり、手前に戻す時は小さくなります。これをドラムのリズムに合わせるだけで遠近を生み出せばリズムとなり、メリハリが生まれます。

このメリハリが最も音楽では大切で、強弱が音を楽しくさせます。一定、一本調子の音楽はただ鳴らしているだけの音です。

おわりに

歌詞を暗記して少しずつ奥行を意識した歌い方をしてみましょう。たったこれだけのことで歌が大きく変わります。合わせているだけの歌から合わせてくる歌に変わる感覚はとても楽しく、バックミュージックを引っ張るボーカルになれるというのは花形である歌物に対しては最重要課題です。

自分としてはこの奥行き感が音楽にとって最も大切ではないか?と思っています。