s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

DTM初心者の陥る「曲作りが出来ない」の原因はモチーフがないからです!

今回は当たり前のことを淡々と書いていきたいと思います。作曲におけるモチーフの大切さや、なぜモチーフが必要なのか?という理由まで、至極当然の内容です。

作曲が出来ない時は「主題」を考えてみる

いわゆる動機付けです。着想とでもいいましょうか。文字通りモチーフなのですが「曲作り出来ない」という人はモチーフがないことが一番の理由として挙げられます。

本来、何か一つ主題でもあればそれを実現する為に動くというのが筋で「作曲出来ない」というのはイコールで技術不足や知識、経験の不足ではありません。そもそも作曲する必要がないというだけです。

音楽は表現であり、表現するものがなければ作りようがありません。

主題があれば作曲が出来ない理由を掘り下げて原因を探っていけます。真っ白なDAWの画面を見つめたまま「曲が思い浮かばない」という状態は作曲する段階にはないということに他なりません。いくら待っても仕方ありませんので、今すぐにやめましょう。

モチーフがない楽曲はつまらない

上手く作曲が出来ない思い浮かばない時に知識を仕入れてどんどん頭でっかちになる場合があります。手順通りマニュアル通りに作曲をして、自分がどの方向に向かえば良いのかわからないまま一応の完成を迎える。

はっきり言って何の主題もない曲は楽しくありません。音楽理論もそうですが、最初は自由に作って後から説明する際に理論の知識を使い「ここはこうである」と作曲者が最もらしく説明するのに用いるものです。

どんな曲でもどんな短い楽曲でもモチーフは必要で、モチーフが迷子であれば聴いている方も作者が何をしたかったのか掴めませんし、作者自身も何がしたかったのかわからないというチンプンカンプンな作品となるでしょう。

作曲の方法ではなくモチーフを考える

誰かの為であったり何かをイメージして作曲をしてみて下さい。今まで湧かなかったクリエイティブな思想がどんどん溢れてきます。もし何もモチーフがないという人は強制的にモチーフを作るというトレーニングから始めると良いです。

少々乱暴ですが「朝・昼・夜」これだけでも三つ曲が書けます。トレーニングと称する以上、つまらないものですが、まずはモチーフが浮かばないのであればこの段階から始めるのが妥当です。

朝っぽさ、昼っぽさ、夜っぽさを表現するときに必要なのは音楽理論の知識でも作曲の知識でもなく「どうしたらそれっぽくなるか?」という今まで聴いてきた曲の知識です。朝っぽい曲を聴いたことがない人にはとても難しいでしょう。そういう作品を探すところまで遡って取り組むべきです。

自分は誰かを思い浮かべながら作るとめちゃくちゃクリエイティブな気持ちになります。「この人はこういうイメージ」という感じで頭の中にリズムとメロディと楽器がパっと出てきてそれを後は再現するだけですので簡単ですね。

おわりに

モチーフがないと作曲は出来ません。どんなプロでも必ず主題はあり、根本的なところが今まで間違っていたのかも知れません。曲を作ろう!ということだけが先行して上手に出来ない人も多いと思います。モチーフを考えてみては如何でしょうか。