s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

ボイトレの謎?歌うときの鼻腔共鳴と軟口蓋について!

「軟口蓋を上げて鼻腔共鳴をさせる」というある種のパワーワードを耳にしました。自分の頭の中は「???」です。軟口蓋は以前にも以下の記事で「鼻の通り道を塞いで息の通り道を一本にする」という方法をお伝えしました。

www.s13y.com

軟口蓋を上げたままだと鼻への通り道、響く場所が塞がれてしまいます。塞いだ場所を越えて響かせるということであれば自分の修行不足ですが・・・できるんでしょうか?笑

軟口蓋をあげると鼻腔へは響かない

自分の認識では見出し通り、軟口蓋をあげると鼻腔には響かないという見解です。もし塞いだ肉厚を越えて響かせるやり方があるのだとすれば新たな発見です。もう一つ、自分の軟口蓋をあげるという認識がそもそもで間違っている可能性も捨て切れません。

歌い易いことが一番

軟口蓋を上げる理由として息の通り道が一本となるので小さい力でも声が前に飛び易いです。これが鼻に響くよう努力を始めると一気にこもりますし、力が必要になります。

結果的に抑揚がなくなり、リズムも疎かになりボロボロでしょう。

自分としては鼻腔共鳴など無駄だと考えており、響いてることは響いていますが、狙って響かせようということはしたことがありません。自然に響くので、声の味付けという認識ですから、鼻腔共鳴成分を増やすということは考えません。

個人的に「軟口蓋をあげて鼻腔に響かせよう」という教え方がそもそも腑に落ちません。

鼻声と鼻腔共鳴は違う

ちなみに鼻腔共鳴をさせようとするのであればお腹から声を出して、喉で一時的に止めるという方法がやり易いです。鼻に声を通すやり方はただの鼻声なので注意してください。喉の咽頭で響かせてその響きを鼻で増強するので声を鼻に通すのではなく、響きだけを飛ばしてやるのです。

そういうやり方もあるので、もしかしたら軟口蓋をあげつつも鼻腔へ響かせるマジックな方法もあるかもしれません。人間の口腔内の構造上、やはり無理があるような気もしますが・・・笑

おわりに

因みに軟口蓋をあげて鼻腔へ共鳴させると言ったのはとある動画サイトで活躍する現役ボイストレーナーの方ですが、自分にとっては何とも眉唾で、その方自身も決して歌が上手いとは言える部類ではないので、イマイチ「本当かな?」という疑惑が拭えないのです。歌っている動画もあげていましたが、鼻腔共鳴にはなっておらず、成分100%で喉声でした。

もしそのような方法がある場合はどなたか教えていただけると幸いです。