s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

ボイトレや歌の練習前に鼻歌で慣らすことが大切!知っていましたか?

自分がボイトレや歌の練習する時に大切にしているのが鼻歌で慣らしを行うことです。これが効果テキメンで「今日はちょっと調子が悪い・・・」なーんてことが無くなるんですよ!笑

歌っていれば徐々に声が出てくる人が羨ましいです。自分の場合、初っ端から声が出にくかったりすればもう一日絶不調です。これを整えるのが鼻歌です。

鼻歌は声の調子を整える

鼻歌の何が良いのか?それはずばり声の調子を整える役目があるのです。

「歌うぞ!」と意気込んで声を出すと力が入って、その力がある程度疲れるまでは抜けません。歌っていれば調子が出てくるタイプの人は徐々に力が取れるか、徐々に力が入っていくタイプかのどちらかでしょう。笑

自分の場合は力が入ってしまうと中々抜けないタイプです。変に鍛えてるせいもあり、中々疲れませんしいつまで経っても力が抜けません。リラックスってとても難しいんですよ。緊張してしまった筋肉をほぐすというのは容易ではないのです。

その点、鼻歌はだと力が入ることがないのです。喉が締まりにくいので力が入りにくいのですが、調子が悪い=喉声なのです。一度喉声になってしまうと歌声に変えるのは至難の業で、出だしが肝心です。

鼻歌でも腹式呼吸を意識する

当然ですが鼻歌でも腹式呼吸を意識して下さい。どうしてもできない人は寝転がって鼻歌にチャレンジして下さい。

歌でも鼻歌でもやっぱり大事だなと思うのは腹式呼吸を意識することですね。調子が悪い日って大体が胸式呼吸なんです。そのまま声を出すから狂ってしまうのです。

胸式だと圧が強いので歌には不向きです。腹式呼吸だとやんわり息を出せるので余計な力が入らず、声帯にも負荷が掛かりません。鼻歌は歌で大切な息の流れもコントロールできますので、良いことだらけです。

調子が悪い日は寝転がって鼻歌で曲を覚える練習でも良いと思います。ちょっと調子が出てきたらそのまま声に出して歌ってみて、またダメだったら鼻歌に戻りましょう。笑

おわりに

鼻歌は万能です。もっと早く気づければよかったなと後悔した方法の一つでした。歌うとなれば勢い余って力が入り過ぎてしまう人には鼻歌を全力でオススメします。歌に力みは大敵。まずはリラックスして歌う方法を身に付けなければ練習になりません。

息のコントロールも大切で、強過ぎる息はくっつきそうな声帯を離してしまう原因ともなります。それではいつまでも芯のある声は出ませんし、楽に声を出すことさえ出来ないのです。少ない力で声が出せる方法を身に付けるには極限までリラックスした状態でじんわりと様子を伺うように声出しをすることです。

カラオケボックスに入ってさぁ歌うぞとすぐに曲を入れるのではなく、少しだけ鼻歌でリラックスしてから本番に挑んでみるともっと楽しく歌えるかも知れません。