s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

今更パズドラを始めて見事にどハマりした【パズル&ドラゴンズ】

2012年2月に彗星の如く現れて周囲を賑わせたソーシャルゲームの代表格「パズル&ドラゴンズ」

今の今まで触ったことも無かったパズドラをなぜ初めることになったのか?自分自身、ソーシャルゲームが嫌いで課金だろうが無課金だろうが関係なく毛嫌いしており、本気で楽しめるものではなくせいぜい暇つぶしに使える程度だろうと思っていました。

パズドラを始めたきっかけ

今まで「やろうよ」と誘われたことは数知れず。数多あるゲームの中から・・・しかもソシャゲから選ぶ理由がわからない。無料だから?でもあなた課金してるよね?自分が不利じゃないか!そんな不公平なゲームは大嫌いです。実力のみでゲームバランスに影響しないFPSならまだしも、パズドラはレアガチャが非常に優秀。チームを組むにもどうしたって隠し切れない差が生まれます。そういうゲームは嫌いだったのです。

それでもお世話になっている人に「やろうよ〜」と誘われたら流石の自分も断り切れません。もう本当にお世話になっていたので「いいっすよ!」なんて二つ返事をしてしまいました。やっべ・・・。

とりあえずフレンド登録ということでチュートリアルを済ませ、無事に完了。どうするんだよこれ・・・。

人気のゲームは訳がある

パズドラは単純明快。RPGとパズルを合わせてカードゲームの要素も付け加えたのがパズドラかなという印象でした。育成系は好きですが、如何せんパズドラ・・・笑

携帯ゲームなんかじゃあ本気だせないなあ?

そうやって斜に構えていた自分の目に飛び込んできたのは「経験値7倍」の文字でした。どうやら期間限定でイベントをやっていたようです。

自分が目をつけたのはランクでした。ユーザーの実力を表すわけではありませんが、どれだけプレイしたかの目安になります。これを経験値7倍の期間中はガンガンあげられます。ダンジョン一つクリアするごとにランクが1つあがったのです。そうこうしているうちにコンボを覚え、周回を重ねて・・・

でもやっぱり飽きました。笑

やがて本気になる

三日目に差し掛かろうという時、自分を誘ってくれた人から連絡があり「調子はどうか?」と聞かれたので素直に「飽きた」と伝えたのです。

その時「あーあ、せっかく○○とゲームできると思ったのに」と言われました。おっとこれは失念していた。自分はゲームをコミュニケーションツールとして捉えていたのでした。それを自らうち捨てようとしていたのです。

おわりに

長いので続きます!今ではどハマりしてプレイしています!この記事にかける時間すら惜しい!というわけで続きはまた明日!