s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

ソシャゲやが大嫌いだった自分がパズドラにハマった理由

今でも若干思っている節があるのですが、ソーシャルゲームってサービスが終了したらもう二度と出来ませんよね。自分の場合は何十年も前のゲームをプレイしたりする事があります。懐かしく思ってプレイしたいと思ったとき、ソーシャルゲームでは不安がありました。

データも何もかも自分の手元にはなく、セーブデータはもちろんオンライン上にあり、ゲームデータも配信という形で成り立っています。サービスが終了してしまえば今まで大事に温めてきたデータもゲームも不条理に奪われてしまうのです。そんな不安が一番のネックで怖い部分です。

ちなみにパズドラはソーシャルゲームなのでしょうか?強いていうならオンラインゲームだと公式で言っていましたよね。ソシャゲのイメージが強いです。

ソシャゲに課金はできない

他の趣味でたくさんお金を使っている人から見れば廃課金でもしない限りかわいいものでしょう。でも金額じゃないんです。

因みに配信ゲームの大半は課金ありきで成り立っているので課金制度を悪くいうつもりはありませんので悪しからず。

何が怖いって形も残らないものにお金をつぎ込むことです。価値観は人それぞれですので多くは言いませんが、自分の世代ではゲームのデータをお金で買うというのはあり得なかったことなので驚いているのです。現在では課金が当たり前になっていますね。

なぜパズドラにハマったのか?

遅くなりましたが、本題です。なぜハマったのかと言えば友達がいたからで、多くの人が友達からの口コミで始めた人が多いのではないでしょうか。あの人がやっているから自分もやるというだけです。

パズドラというゲーム自体、確かに面白いです。でもやることがなくなりませんか?

経験値アップ期間中にサクッとプレイして4日目には400ランクへ届こうかというあたりです。ノーマルダンジョンやテクニカルダンジョンは既に攻略済みで、残すは闘技場となっています。

攻略にはキャラクターが必要です。より強力で、特化したキャラクターがです。

ここで登場するのが本来課金なのでしょう。公式でも推奨しています。ゲームを早く進めたいなら月に5000円の課金をしなさいと。

パズドラは課金をしないとプレイ進行が極端に劣る

ソシャゲのいっちばん悪いところと言っても過言ではありませんね。プレイ進行に影響が出るものは本当に嫌いです。要するにパズドラの場合、時間が解決するタイプのものですが、やることをやってしまったあとはひたすら待機です。降臨と呼ばれるクエストを待ったりゴッドフェスというイベントをただ黙って待ち、日々貯めていた魔法石をつぎ込みより強力なキャラを引き当てるべく満を辞して動きます。

ハズレたらどうするかって?

育成という概念は確かにありますが、それは最初だけ。大詰めにかかればレアガチャキャラじゃなければ事実上太刀打ちできない仕様になっています。なのでハズレたらまた次のイベントをじっと待つことになります。

そのうち飽きて忘れてしまうのではないだろうか・・・笑

おわりに

それでもハマってプレイしているのはゲームの面白さであり、やることがまだあるからです。でも・・・と考えた時にもうそろそろ終わりかな?と初めて一週間も経っていないのに自分の中でエンディングを迎えようとしています。十分楽しみましたし、わざわざ長期間待って全てのダンジョンを回れるだけのキャラクター集めをするのほど熱意はありません。

今の自分を支えているのは経験値7倍というイベントで、どこまでランクをあげられるだろうか?という単純な好奇心のみです。これが終わってしまえば下火になるだろうなと感じているのです。

次のフェスのために、あとは魔法石目当てのログインへ切り替わるでしょう。本来的にはそういうゲームなのかもしれませんね。