s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

歌で正しい発声のコツは笛を吹いて鳴らすように真っ直ぐな息を出すこと!

発声のコツはなにか?と聞かれた時に色々とあるのですが、一番大切なのは「真っ直ぐに息を出す」ということです。声帯を笛に見立て、それを吹くように出せれば良いのですが、なかなか難しいですし、腹式呼吸が出来てなければ絶対に出来ません。喉が締まっていても無理でしょうし、その感覚を得るのはまだまだ先になるでしょう。

声帯を口笛のように鳴らす感覚

明らかに喋り声とは違う声になります。それこそ喉が締まらず声帯だけ震えてるので声帯がジリジリ鳴る音さえも聞こえるのです。

いつも持ってるイメージとしてはトロンボーンのような分厚くて響く音を出すことです。声帯に張りが出てくると徐々に高い声が出てきます。声出しが肝心になりますので、声出しの時点で「さぁ歌うぞ!」と力むとアウトです。

声帯を笛に見立てる以上、強い息でもって吹き付けると音が鳴らないと思います。口笛が分かり易いですね。口笛で低い音を強く出そうと思えば結構大変ではないでしょうか。逆にガッチリ固めて高い音を出すほうが簡単です。声帯は逆で、高い音を出そうと思えばそれなりに訓練が必要です。

口笛のように喉の筋肉をガッチリ固めて高い音を絞り出すというよりも、声帯の振動数を上げて高い音に変える・・・というのが合っています。

歌う時に殆どの人が真っ直ぐに息を出せてない

真っ直ぐに息を出すというのが最も大切で、これは鼻に抜けたりするなというもので、真っ直ぐ声帯に息を当てるには腹式呼吸が必要になります。

一般的に大きな声を出すのは腹式呼吸ですが、うるさい音を出すなら胸式の方が向いています。近鳴り遠鳴り、響く声や響かない声。色々ありますが、胸式は近鳴りで響かない声という最悪の組み合わせになります。これは喉を締めて少ない息でちょびっとずつ出すから少ない力で声帯の振動数を上げて大きな音が出せるのです。

胸式呼吸の特徴的な面として「小さな歌声で歌えない」「高い声は音量が大きくなる」などが挙げられます。

声帯を鳴らすなら腹式呼吸

腹式呼吸は音量変化が繊細です。胸式のように小、中、大しか音量調整が出来ないということはなく、滑らかにダイナミクスを作れます。更に高い声も小さく出したり、構造上は出しにくい低い声を大きく鳴らすことも可能です。

今回一番大切な声帯を笛のように鳴らす感覚というのも腹式呼吸が無ければ息の調整が難しく、すぐに破綻してしまいます。コツを掴むのに息を調整しながら声帯をくっつけたり離したりして響く場所を探るのですが、胸式呼吸で居ると途切れたり喉がしまったりとロクなことがありません。

更に強過ぎる息は声帯を離してしまいます。徐々に息の量が調整できるようになると、出ていく息に吸い寄せられて声帯同士がくっつくのです。この時に鳴る音が理想です。

おわりに

一度でも感覚を掴んでしまえば明らかに違うのですぐにわかると思います。喋り声の延長線上で歌っていたり、口を大きく開いたりしていてもコツや感覚を掴むのは難しいかも知れません。

最初は「口笛のように声帯を鳴らす」というイメージを持ち、身体を一つの楽器に見立てることです。どうしても喉に意識が生きがちですが、意識するのは息であってください。発声においてイメージを持つことが近道です。息だけで歌って、どの吐き方が歌い易いか?というアプローチをしてみるのもいいでしょう。これであれば声を出さずに練習ができます。ぜひイメージを持ってトライしてみて下さい。