s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

歌う時に意識したい喉仏の正しい位置とは?

初心者向けのボイトレレッスンでよくある喉仏の位置についてですが、初心者であればあるほど喉仏の位置が気になって仕方ないという方も多いようです。

実際に喉仏の位置を意識して歌ったりすることはないですし、表現の一つとして喉仏のポジションを変えたりするというのが何よりも正しいです。

正しい喉仏の位置

答えから言えば「自分が最も歌い易い位置」です。歌のジャンルによって喉仏の位置というのは変わりますし、その人の歌い方でも変化します。これが正しいという場所はないのです。ないからこそ初心者の方は迷い、ボイトレの初心者レッスンなどでは取り上げられて議論されるのかも知れませんね。

喉仏の位置などというのは全く持って不毛で、喉仏の位置を気にするならもっと気を遣うべき場所があるでしょう?と言いたいです。

ハイラリとローラリ

ちょっと専門的な話になりますが、ハイラリとローラリについて軽く触れます。

ハイラリとは喉仏が上がった状態で、ローラリとは逆に下がっている状態です。分かり易いですね。この二つは「良くない例」として話題に上げられがちです。

でも実際の歌手を見て「この人は上がっているのにこの人は下がっている」なんてザラです。つまりそういうことなのです。オペラや声楽ではローラリが守られ、J-POPなどではやや上がり気味です。これは求められる歌唱が違うから起こるのです。

自分が出したい声質に合わせて変化させていくというのも表現を高めるうえで重要です。

喉仏の位置で歌い易さが変わる

人によっては下がっていた方が声が出たり、上がっていた方が高い声が出やすいなどがあります。なぜそのような結果になるのかはもう少し発声について学ぶとわかるのですが、初心者のうちは気にすることもありません。歌い易い喉仏の位置を探って下さい。間違っても下げてた方が良いだとか上がっているのは悪だとか言うのは無しです。

正しい発声なんてものはこの世に存在せず、喉仏の位置も正しい位置なんてものは存在しないのです。歌い易さを求めたり、表現を突き詰めて言ったら今の位置になったというのが自然ではないでしょうか。

おわりに

自分も昔は気にしてあれこれ変えてみましたが、てんで上手くいった試しはありませんでした。もっと気を向けるべきところがあったなと反省しています。

一つだけ確実に言えることは、歌で喉を意識するようなことがあってはならないということです。喉周りを意識すると途端に歌が歌えなくなります。というのは極端ですが、思ったような歌い方が出来なくなる原因となります。

自然に出し易く、歌い易い発声が歌を上達させる第一歩ですので、覚えておきましょう。