s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

歌声が違う?実は誰でも持っているもう一つの声!

発声練習と一口に言っても色々な練習方法があります。基礎的なトレーニングとなるので大切だと思いますが、実はもっと大切なことがあります。それは「声を探る」こと。

声を探らずにただ闇雲に声を出し続けても意味がないのです。いつまでも基本的な練習から離れず、基礎を大切にし過ぎていると上達が遅れます。たまには違うアプローチをしてみませんか?

響く声を探る

まず自分の声の種類についてどれくらい把握していますか?「声なんて一種類しかないよ」という方へ朗報です。どんな方にも声は二種類あります。響く声とそうではない声です。

私たちが普段から使っている声は響かない声で、稀に響く良い声を持っている人が居ますね。発声練習すらしたことないけれど、生まれつき響いて声が大きい人。でもそういう人でも何かきっかけがあって手に入れたのだと思います。

あなたにしかない響く声を手に入れてみませんか?

声を探る為に色々な声を出す

声なんて一つしかないと思い込んでいると可能性が無くなります。自分には隠されたもう一つの声があるんだ!と思って必死に探って下さい。その為には色々な声を出す必要があります。

沢山声を出している中で、明らかに「なんか違うぞ?」という声を見つけるのです。

よく喋り声と歌声が違う人が居ますね。これは日本語という言語が歌に適していないだけで、本来は歌で使う声を喋り声にすればよいのですが、日本語を扱う上で歌声というのは相性が悪いのです。だから日本人は歌が下手です。

英語圏の外国人を思い浮かべて下さい。体格の違いはあれど、とても響く良い声をしていますね。我々日本人とは発声が違うのです。体格に違いがない韓国人はどうでしょう?とてもいい声を持っています。色々な言語を喋る人たちを見つけて聴くことも大事です。

いろいろな声に触れてみる

動画共有サイトで歌を歌っている動画はたくさんあります。自分の中で上手いなという人を見つけて下さい。そしてもう一つ、喋っている時の動画を探してみて下さい。見つからない場合は人を変えましょう。

歌っている声と喋っている声に明確な違いがあれば「この人は発声が違う」と思えるはずです。そうです。自分にもその違う発声があるのです。それを手に入れるために、まずは実感することが大切です。

明確に発声が違うんだけど、何が違うのだろう?と自分の声をひたすら録音しては声を変え、そして録音しては聴くを繰り返しましょう。

おわりに

早い人だと一ヶ月で気づけるかも知れません。明らかに楽に声が出せて響く声があるのです。声の響かせ方を変えてみるだとか探ってみるのも良いかも知れませんね。

ポイントは「楽に響く」です。響いた時、小さく声を出しているのにやたら響くのでそこがポイントです。色々な声を出していくことになるので、録音しつつ気づいた点をメモして、出し方など書いておくと重複しなくてよいかもしれません。

誰でも持っている響く声、ぜひ手に入れて下さい。