s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

歌う時の姿勢で上手さが変わるって知ってた?

普段、カラオケで歌う時などに自分の姿勢って意識していますか?特に意識せず歌っている人はかなりもったいないです。上達のチャンスを毎回逃していると言っても過言ではありません。歌が上手くなりたいと思っている人は絶対に意識した方が良いです。

歌う時の姿勢とは?

歌う時の姿勢が良いとどんな効果が得られるかといえば「抑揚」が付けられます。それもめちゃくちゃ楽につけられます。

正しい姿勢って言われてもピンとこないかも知れませんが「お腹に負担のない姿勢」ということを意識して下さい。猫背の人であれば身体を起こした方が良いですし、ソファに深く座り込んでいるのであれば上体を起こすべきです。

姿勢を正して抑揚を手に入れる

姿勢が良くなると抑揚が手に入れられますと言いましたが、抑揚で大切なのは前後感覚です。声を前に飛ばす感じであったり、歌声の強弱で抜き差しを意識するのですが、姿勢が悪いとこのコントロールがさっぱりできないのです。

何か上手く歌えないなと思う時、自分の場合は疲れて姿勢が乱れていることが殆どです。普段は楽に出る声も姿勢一つで左右されます。

つまり姿勢さえ良ければ声が良く出るということでもあります。これは事実で、いつもより高音域が伸びないだとか苦しいだとか感じる時もたいていは姿勢が悪いので一度休憩して身体を落ち着けるためのインターバルを取ります。

立って歌うのか座って歌うのか?

どちらがいいか?と言えば立って歌う方が良いです。ただ、座って歌うことに慣れている人であれば立つことによってコントロールが難しくなることもあります。自分の場合は声が出過ぎるなんてことも経験したことがあります。

立って歌うなら立って歌う訓練も必要になります。普段から座って歌っている人が急に立って上手く歌えるか?と言われれば姿勢の変化が影響して上手く歌えない可能性があります。

反対に普段から立って歌っている人は座った時も変わらず歌えたりします。要するに歌う時は上体をリラックスさせることが急務で、その為に発声の前には体操をしたりあれこれとほぐす為に身体を動かします。

立って歌う人は座っても楽な姿勢を分かっており、歌いにくいと感じられるので座っても楽な歌い方を探せるのです。座っている人は何が歌い易くて歌い辛いのか?普段からいつもの楽な姿勢で歌うという状態なので気づけないのです。

おわりに

歌う時の姿勢ってめちゃくちゃ重要で、これ一つで回りと差がつくのではないか?とさえ思っています。立って歌う人が上手いのって声が出るので抑揚にメリハリがあるんですよね。伸び伸びと歌っている印象です。

自分は猫背気味なので姿勢でかなり損をしていました。ぜひ意識して見て下さい。